渕上舞1stLIVEファイナル舞浜アンフィシアター

渕上舞

5月19日、飛行機乗って舞浜アンフィシアターにいってきました。

渕上舞1stLIVEファイナル舞浜アンフィシアター追加公演です。

1枚目の画像は羽田に着陸する前に見えた舞浜アンフィシアターです。

これはLIVE前に書いたものです(ΦωΦ)

開幕

14時の物販がちょうど始まった頃に舞浜に着きました。
結構並んでて買い物が終わったら15時でした。
で、さくっとちかくのホテルにチェックインして16時過ぎに舞浜へ。
フォロワーさんとご挨拶をして17時に開場。
ホールに入った瞬間に何とも言えない感動した。

Tridentの1stLIVEの場所なんです
もう何十回と見たTridentの1stLIVEのBD。
今回は実際にその場所で渕上舞さんのソロライブを体感できる・・・・。

ホールに入ると幻想的な蒼いライトが夜の森って感じでした。
おやすみのワルツのSEをアレンジしたような感じといえば伝わるでしょうか?
もうそれだけでも感激なんですが、席がほぼ前。
6列目でしたが結構ステージと近い感じでさらにテンションあがりました。

舞台は公式がアップしてる動画にちらっと映ってますがウッドデッキのようなステージが舞台奥にあり前方の円形のとこにFly High Mywayのロゴがありました。
ウッドデッキの上には大型モニターがあって、客席にはカメラが数台あってそのモニターに映していました。

LIVEはおはようの合図からはじまり、アルバムの3曲のあとFalco、深愛、DreamRiser、私の宝石箱、Enter Enter MISSION!と流れていきます。
代官山には参加できなかったのでここでFalcoが聴けてよかった。

思い

続いて、タカラモノ-ピアノアレンジ-に入るけどここでちょっとMCが入りました。
ちょっと物悲しいピアノの音に重ねて舞さんが思いを語ります。
そのとき舞さんがちょっと涙声になったときにこっちも目頭が熱くなりました。
でも、舞さんはがんばってタカラモノを歌い上げました。
梅田CLUB QUATTROのライブでもすごく良かったのですが、舞浜で聴くタカラモノは個人的には特別に感じました。

Tridentがホント好きなので1stLIVEのBDは何度も見たし、TridentのLAST LIVEは幕張に行ったし、もちろんLAST LIVEのBDも速攻予約して届いて今までにこれまた何十回と見た。
LAST LIVEで歌ったタカラモノ、Trident1stLIVEの舞浜、舞さんソロライブの3つの思いが重なり合って泣きそうでした(´・ω・`)

カッコイイ、綺麗、かわいい、Cute

しっとりとした曲からA Crowへ。
梅田のときも思ったけど、スタンドマイクを取り回す舞さんがすごくカッコイイ。
ライブハウスにはライブハウスの良さがあるけど、舞浜で見るA Crowもめちゃかっこよかった。
舞さんがハケてからのインストアレンジは梅田のときよりもパワフルになってたように思った。
ベースとギターの激しいぶつかり合いが、ドラムの刺々しさもよりパワフルになってた。

このときに青のライブTシャツからピンクのライブTシャツに着替えました。
そして衣装チェンジして舞さん登場!
ホール全体でさらにテンションがあがっていくのを感じた。

フラミンゴディスコはホール全体でピンクに染まり、扇子がひらひらと舞う。
天井からもミラーボールが降りてきてすごく綺麗でした。

アイTACTICSのダンスは梅田よりもキレッキレでセクシーで綺麗なお姉さんでした。
からのCute♡Appealで今度はかわいいまいまいに変身。
一気にラストのおやすみのワルツまで駆け抜けていく舞さん。
舞浜の広いステージでも存在感たっぷりでした。

不安と怖さ

舞さんが舞浜アンフィシアターにてセンター、真ん中に立つという怖さについて話をされました。

Trident1stのときは怖さ8割、すぷふぇすのときは怖さ6割と。
あまり楽しくなかった、間違ったらどうしようとか物凄く不安になっていた。
Trident1stLIVEのときも終始厳しい顔だったとかそんな話をされました。

Trident1stLIVEのInnocent Blueでの舞さんの涙は怖さや不安、間違えたことの涙だったのだろうか?
3人で居てもセンターで前に出ると横の二人は見えなくなる。
円形ステージの最前まで行くのは怖かったと。
そんな重圧の中で横の二人に追いつこう、付いていこうと必死になっていたのだろう。

同じ時間を過ごすうちに横の二人に支えられ、さらに打ち解けて、それでもまだまだとがんばってLAST LIVEまで駆け抜けた。
LAST LIVEのDISC2にあるTridentの奇跡の最後の涙はいろんな思いが詰まった涙だったのだろうと思う。
こればっかりは本人にしかわからないことだけどね。

しかし、今回は最初から楽しかった!と、言われてました。
ソロライブということでそれでも多少の不安はあったのだろうと個人的には思います。
でも、アンコールのトロピカルガールではスタッフ(たしか舞さんのマネージャーK氏が居たような・・・)もダンスで参加して、最後のFly High Mywayでは会場全体で最高の盛り上がりでした。

怖さ、不安、孤独、ひとりでいい、そういったいわばネガティブな部分をちゃんと出してくれる舞さんがすごく好きです。
ネガティブなままでなくそれをしっかり置換というか転換というか、うまく別のベクトルを作れる舞さんはすごいと思ったLIVEでした。

代官山から始まり、梅田を経て、思い入れのある舞浜アンフィシアターで小さな青い鳥は決して大きくはないその翼を広げて存在をアピールするかのごとく羽ばたいていました。
たくさんの人がスタッフも含め、ホールにいた大勢のファン、舞さんの親しい人が温かく包み込むようなLIVEになったのかと勝手に思っています。
舞浜アンフィシアターでの舞さんソロライブを思い出の1ページにしたいと思います

舞さんの親しい方もきてました

響さんと松本忍さんがきていたようです。

響さんはBlogでも舞さんのLIVEのことを書いていますのでそちらもどうぞ。

山村響『刺激的な日々』
 こんばんは!ブログ更新お久しぶりになってしまいました。バースデーライブが終わって、気が抜けたりハワイに行ったり、RecをしたりMV撮ってもらったり、怒られた…

chouchoさん、佐咲紗花さん、結城アイラさんも

八島さららさん

中上育実さん

中上育さんのTweetは上記から更に続きがあるのですが、ジ~ンと胸が熱くなります。

そして待望の1stシングル決定!!!!

会場で発表されました!
7月からのプラネット・ウィズにてエンディングに舞さんが!!!

TVアニメ「プラネット・ウィズ」公式サイト
2018年夏放送開始!オリジナルTVアニメ「プラネット・ウィズ」公式サイト。業界内で今注目の漫画家・水上悟志の最新作!描き下ろし1074ページのネームを元にした、オリジナルTVアニメーションです。最新情報は本サイトから発信します。

アニメ本編にも舞さんが熊代晴海役で出演です。

LIVEが終わって・・・・

LIVEが終わって外に出ると、たまたまの偶然の奇跡なのか舞浜アンフィシアターの隣にある夢の国から花火があがってました。

ホントに偶然なんだろうけど、舞さんのLIVEの打ち上げみたいでよかったです。
ホール前の広場にまだたくさんの人が居たのですが、みんな花火を見て、写真にとり拍手がおこりました。

本当に最高のLIVEでした
これからも舞さんを応援します!

フラスタにも参加いたしました

代官山、梅田、舞浜アンフィシアターと3つのフラスタ企画に参加しました。
代官山は行ってないので梅田と舞浜のフラスタをアップしておきます。

以下、舞浜アンフィシアター

以下、梅田

企画してくださったチェル友さんありがとうございました!!

ちなみに舞浜アンフィシアターでは、緒方さん、新田さん、茅原さんのフラスタもありましたよ。

最後に

お願いです!

舞浜アンフィシアター公演をぜひBDにしてください!!!!!

ランティス様!何卒ご検討をお願いします!