WWDC2019で気になったこと

Apple

かなりざっくり概要

Watch関係

・WatchOS6になり直接Appがダウンロードできるようになる。
・盤面が増える。
・女性の月経周期管理アプリが使えるようになった。
・ボイスメモと電卓が使えるようになった。

個人的には電卓とボイスメモはいいかもと思った。
特にボイスメモはなにかと世知辛い世の中で重宝するかも。

iOS・MacOS関係
・iOS13でMacMojaveと同じようにダークモードが使えるようになった。
・iOSが分裂してiPhoneにはiOS、iPadにはiPadOSになった。
・macOS CatalinaでiTunesが3つに分割になった。
・iPadをサブディスプレイにする「Sidecar」ができる。

iTunesは「ミュージック」と「ポッドキャスト」と「TV」に分かれてそれぞれで使い分ける様になってるみたいです。
KeynoteでiTunesにさまざまな機能がほしいか?写真やメールがやりたいか?なんならiTunesにDockをつけようか?みたいなジョークが出てて爆笑してたな。
ただ、Windows版はいままでのiTunesそのまんまみたいです。
将来はどうなるかわからないけどね。まぁWindows向けにわざわざ3つのアプリを開発するメリットがAppleにあるかどうかだよね。
iPadOSについては後述。

Mac関係とSwift関係
・MacPro新型登場
・SwiftUI



まぁ注目はMacPro。
大根おろしまたは、チーズグリーター。
いろいろ言われてるけど前のモデルよりは好きなデザイン。
っていうか中身よ。
メモリの最大容量が1.5TB。メモリだよ。HDDやSSDでなくメモリよ。
8GBで最低の基本的人権と言われるメモリ容量。16GBでなんとか普通、やっていける範囲。
32GBでIHはもちろんのL型システムキッチン。
そんな世の中で最大とあるが1.5TB。ギガバイトでなくテラバイト。
そんなMacProをユーチューバーの誰が買うのかそっちに興味ある。

一番気になるiPadOS

まさかそーくるとは思わなかった。
ホーム画面にウィジェットが表示できたり、Split ViweとSlide Overが機能強化されたり、Apple Pencilの遅延が小さくなったりと大幅なアップデートになってる。

さらにmacOS Catalinaとの連携でSidecarという機能が使える。
これはiPadの画面をMacのサブディスプレイとして使うっていうもの。
サードパーティ製アプリですでにあった機能だが本家本元のAppleがやっちゃうというもの。

ただ、いろんな機能が追加またはアップデートされてるけど、うちのiPadProは初代なんです。
一応iPadOSはインストール可能っぽいのですがさてどこまで使えるのか?
ペンの遅延は?Sidecarの遅延は?Slide OverやSplit Viweはそこそこイケる?
ちょっと不安だらけです・・・・。
iPad向けのPhotoshopも出るし、来年あたりには新しいiPadProをお迎えしたい・・・・・。