渕上舞を推す理由

渕上舞

吾輩はニャンコである(ΦωΦ)

声優・アーティストの渕上舞さんをご存知だろうか?
いや、ここを見ているということは知っているのだろう。
その中にファンである、またはファンクラブに入っているという方は何人いるだろうか?

ニャンコは、渕上舞さんのファンであり、ファンクラブCHELSAE FRIENDSにも入会済みだ。
そのことを仕事上の付き合いのある人に「どこが好きなの?」と聞かれたことがある。
その時は歌うまいし、かわいいし、ラジオでのトークもおもしろいし!みたいにざっくりと言っておしまいにした。お互いに業務中だったので話が長くなるとマズイってのもあってざっくりとした説明でおしまいにした。
ただ、明確になぜファンであるのか?なんで推すのか?とか話をする相手も他にいないし、その前に話下手なので頭の整理もかねて時系列っぽく文章にしてみた。

最初の認識-声優さん-

どっちが先かわからないけど、ニコ動のボカロ番組に出てたのは見たことがある。
それとガルパンに出ている声優だというぐらいだった。
これ、どっちが先かわからない。それぐらいの認識だった。
そもそも当時はあんまり今みたいにアニメがネット配信されてるようなものではなかったし、あとアニメをそんなに見てなかったからアニメそのものを追ってないというのもあって認識したという程度のものだった。
でも、とりあえず「あら、かわいい声優さん」ぐらいに思ってた。

たくさんいる声優さんのうちの一人だった。

最初の出会い-イオナ-

いや、もう衝撃的
あのときの声優さんか!!ってびびった。かわいいが強化されていた

蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-で再び出会った。最初はこのアニメに期待してアニメがメインだったけど、蒼きラジオのアルペジオニコ生出張版で3人に出会ってしまった。その中に彼女が居た。もうハラハラドキドキしながら見ていた。ド直球にぶん投げるコメントがヤバかった。そこに惹かれた。もちろん両脇を固める他の二人の存在があってのことだが、とても面白かった。

そこから彼女-渕上舞-を追い求めるようになった。

同時にアウトブレイク・カンパニーにも出ていたのでそっちのニコ生も見ていたが、こっちもハラハラドキドキしながら見ていた。あと、遅ればせながらガルパンもこの頃ぐらいに全部見た。
なんでハラハラドキドキ緊張感があるのかまったくわからない。だがそれがいい

Tridentの奇跡-神々の歌声-

蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-から誕生したボーカルユニット「Trident」。
舞さんを追いかけると同時にこの声優ユニットが好きになった。曲もEDM調でかっこいい。
アニメが終了してTridentがもう見られないのかー(´・ω・`)
ってなってたけど、2014年5月だったかな?ぐらいにTrindetの1stアルバムが出る、そしてその発売記念ニコ生があるという情報を得て歓喜した、まさに小躍りである。

このニコ生でもドキドキハラハラしながら見ててとっても面白かったし、面白いのに歌はうますぎるる3人で曲もかっこかわいいしアルバムはすぐにポチった。
その後、劇場版が発表され12月にはミニアルバムの発売記念ニコ生もあった。これまた神回というほかないぐらいに面白かった。そしてそのときにTrident1stLIVEが発表された。

1stLIVEには参加できず、1stLIVE終了直後に発表された2ndLIVEも休みが取れずにこれまた参加を断念。
そうこうしているうちに2015年12月のLive Blue Field-finale-にてTridentの解散が告げられてしまう。いや、もうびっくりした。3人のおもしろかわいいのに曲はせつなかっこいいTridentが解散なんて…ってことで2016年4月のラストライブは無理矢理にでも休みをゲットして幕張に行った。

約4時間半のライブは感動した。
その後発売されたLiveBDはもう何回も見てる。解散後に出たBlueHorizonもすぐにゲットした。
3人はそれぞれ別の航海にすすんだが、彼女の航海を応援し続けると心に誓った。
チェル友に入ったのはBDが発売されたあとだった。

とりま-鋭い切れ味-

Tridentラストライブと同時期に超A&Gで暗殺教室ラジオが始まった。
舞さんがメインパーソナリティとなりゲストを交えての動画ありのラジオだ。特に洲崎綾さんと沼倉愛美さんが登場した回はめっちゃ面白かったのを覚えてる。
とくに沼倉愛美さんがゲストの回はYou care boby!!で腹筋崩壊した。エスパー舞の起源はここではないかと個人的に思ってる。

その後すぐに後番組でとりまが始まった。そこからとりまも放送が続き放送200回を超えた。

イベントにも参加した。
チェル友ととりまの合同イベントだ。イベント自体は文化放送メディアプラスホールで開催された。次に参加したのは去年末。これも同じところで開催された。去年の5月のとりまイベントは行けなかった。
去年末のイベントでは井澤詩織さんと山村響さんがゲストで昼夜両部とも参加してめっちゃおもしろかった。
なかなかいい番号だったのでほぼ前の方で見ることができたのは幸運だった。ちなみに山村響さんを生で見るのは劇場版蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-Cadenzaの広島バルト11での舞台挨拶とTridentラストライブ以来だ。井澤詩織さんは生では初めてみたがお二人共かわいかった。

チェル友&とりま合同イベントでは舞さんから直接チョコを手渡ししてもらったのはいまでもはっきり覚えてる。女神が目の前に居た…。こーいうとき、人類と猫科は言葉を発することができないということを体感した。

アーティストデビュー-透明感のある声-

たぶん、声優デビューからのファン、Tridentからのファンは舞さんのソロアーティストデビューを心待ちにしていただろう。それが2017年11月に発表になった。年が明けて2018年1月28日に1stアルバム「Fly High Myway」でデビュー。すぐ2月にリリース記念イベントが大阪であったので参加した。
大阪だったのと、イベントが昼からだったので日帰りした。このときのことをとりまにメール送ったら採用されて嬉しかった。

その後立て続けてシングル、ミニアルバムを発表し2020年4月末には5thシングルCrossing Roadを発売した。

渕上 舞「Crossing Road」

ちなみに2月に発売した4thシングル予測不能Days/バレンタイン・ハンターでは2曲ともMVが作られたがそのうちのバレンタイン・ハンターはオススメ。

渕上 舞「バレンタイン・ハンター」

 

梅田舞浜中野-ライブ-

1stLIVEは大阪梅田と舞浜に参加した。代官山でもあったが旅費の関係で断念した。

梅田クラブクワトロのライブハウスと舞浜のアンフィシアターでのホールライブだが場所が違うだけですごい違う。同じ曲だけど印象がかなりかわる。なのでものすごく得した気分になった。やっぱ音響的な違いもあるんだろうか、音の印象が違う。両方ともものすごく盛り上がったし行ってよかった。
舞浜でのライブは終わったあとに外に出るとすぐ近くの夢の国から花火があがっててタイミングいいなーって写真を何枚か撮った。

2nd LIVEは中野サンプラザであった。もちろん行った。席は端っこだったけどほぼ最前列みたいなものでめちゃ盛り上がってその日の夜は宿で足と腰が痛かった。

1stは円盤になってるが2ndは円盤になってないのです。M-ONで放送したものしかないのです。2ndも円盤かしてほしいですよね。1st(円盤)と2nd(M-ON録画)もいまでも見てます。
いやー、舞さんのライブはいいよ!めっちゃ盛り上がるし、しっとりするところはめちゃしっとりするし心に残るライブでおすすめである。

推す理由

推す理由は結局何かと言われると、明確にこれというものははっきりしないが文字にすると以下のようになる。

  • 真面目
  • 歌上手い
  • ド直球のコメント
  • 猫っぽい(本人は鳥好き)
  • 歌詞が凄い

こんな感じ。
真面目ってのはとりまでもたまに出てくる真面目な話だったり、それ以前でも最近の雑誌のインタービュー記事からもそう感じる。

B.L.T. VOICE GIRLS Vol.42 (B.L.T.MOOK 72号) | |本 | 通販 | Amazon
AmazonでのB.L.T. VOICE GIRLS Vol.42 (B.L.T.MOOK 72号)。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またB.L.T. VOICE GIRLS Vol.42 (B.L.T.MOOK 72号)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

歌がうまいのは説明不要だろう。
ド直球のコメントはニコ生やとりまを見るとわかりやすいが、ここでうまく説明ができない。

ハラハラドキドキなのである。ちなみにとりまは30分番組だが聴いてるうちにあっというまに終わるので体感3分である。
本人は声優界でも鳥好きとして有名なのだが、しぐさや考え方などが猫っぽいところがあるのではないかと個人的には思う。
お疲れ様、ゆっくり休んで。がんばったんだからもう今日は休みましょう。そんなことを言ってくれるちょっと他とは違う魅力をもったところが推す、推したい理由なのかもしれない。