渕上舞のおすすめ曲で舞リスト

渕上舞

吾輩はニャンコである(ΦωΦ)

渕上舞さんがアーティストデビューしてだいたい2年半。シングル5枚とアルバム2枚で29曲が出てます。そのうち舞さん自身での作詞が16曲あります。リベラシオンは含んでいません。My musicは作詞として名前が載っているので含めています。
その中からニャンコおすすめの舞リストをご紹介いたします。曲数自体はそんなにないのですが、とあるテーマに絞ってます。

スポンサーリンク

EDM調?ロックっぽい?ビートのある曲

舞さんの曲で、結構アップテンポだったりビートのある曲ってそんなに多くはないのですが、だからこそ際立つ曲だと思っています。以下、オススメの曲です。

  • A Crow
  • Migratory
  • アイTACTICS
  • BLACK CAT
  • Dive into Emotion
  • バレンタイン・ハンター

以上、6曲です。個人的な趣味に基づいての選曲なのでいろいろと流していただけると幸いです。子猫の時代から4つ打ちの曲、ロックっぽい低音部ズンドコの曲は好きなのでそれを元に選曲しています(ΦωΦ)

一部ブラウザでAppleMusicのプレーヤーが表示されないことがあります。
お使いのブラウザによっては不自然なデカイ空白となって表示されるかもしれません。
ニャンコのMacBookPro16インチでもChromeは表示されず、SafariとFirefoxは表示できてます。

低音ズンドコでお召し上がれ

A Crowはずっしりと重たい曲です。歌詞も重たいです。けど舞さんはそれより軽いと思います(体重的に)。なにせ天使ですから。
この曲の低音部であるベースとバスドラが奥底から響き、歪んだギターがよりを感じさせます。できればこの曲は1stLIVEのBDを見てほしいです。特に曲の最後でアレンジされたギターとベースの掛け合いが、明け方の薄暗い街にカラスの鳴き声擦り切れた心の叫びを感じることでしょう。実際に1stライブで、特に舞浜アンフィシアターでみたギターとベースの掛け合いは鳥肌が立ちました。まさにカラスなだけに鳥肌です。

MigratoryはEDMっぽい4打ちの曲です。EDMみたいだけどそーじゃないみたいな?ちょっと歌詞に切なさを感じるけどどこまでも高い空を蒼い空を飛び続けるような曲です。
この曲も2ndLIVEで最後のほうがアレンジされてます。各パートのソロから始まりギターソロが最高潮に達します。
みんなにぜひ聴いてほしいのですが、なんと!2ndLIVEはBDになっていないのです。エムオンで放送されたものだけなのです。ぜひ、ランティスさんには円盤化してほしいと思います。
Migratoryは舞さんの曲の中でも隠れた名曲になるのではないかと思っています。

オトナの魅力

アイTACTICSこれまた1stLIVEを見てほしいのですが、衣装と相まってとってもセクシーなんです。そしてこれまたセクシーな振り!セクシーなんだけどどことなく可愛らしさもある小悪魔のようです。というか歌詞が小悪魔です。曲のリズムもアップテンポでちょっとダンサブル。
すり寄る子猫みたいに気を引いたら…個人的にここのフレーズでハートを撃ち抜かれました。

BLACK CATいい意味で煽ってますね。と、とりまに送ったら採用されて舞さんに読んでもらいました。
ビートの激しい曲、ラップっぽい歌詞、歌詞の中に垣間見える煽り文句!そしてMVですよ
猫ですよ、舞さんが猫になってます。ニャンコとしては絶対に外せない曲です。
夜の街でドライブしながら聞くといい感じにテンション高めになるおすすめの曲です。

渕上 舞 「BLACK CAT」

オーバードライブ感ありあり

Dive into EmotionはEDMっぽい曲調でとても大好きな曲です。
夏の夜の街を車で流しながらドライブするのに似合うかもしれないです。
ナイトプールとか行ったこと無いけどそんな感じのところでしょうか?
もうね歌詞が全部セクシーなんですよ。
それでいて、オトコを翻弄していく。

Dive into Emotion チェリーなRouge
早く……奪ってみせてよ

ここの歌詞、ものすごくセクシーに微笑む舞さんが想像できておなかいっぱいになります。

バレンタイン・ハンターはまずはMVを見てほしい。
ピンクのフリフリ衣装を着ためっちゃかわいい舞さんがヤバいです。ヤバかわいいのです。
季節性イベントがテーマの曲ですが、夏に聞いてもノリノリになれる曲です。

渕上 舞「バレンタイン・ハンター」

ハンターとなった女性たちがそれぞれの武器を片手に、時には協力し、時にはライバルとなり標的を一点突破する様が目に浮かびます。で、戦闘はフラッグを手にした舞さんという感じで盛り上がる1曲です。

以上、6曲のズンドコで盛り上がる舞リストでした。

Dive into Emotionとバレンタイン・ハンターは次のLIVEでぜひ聴きたいです。