ユニバーサルコントロール(ベータ)がつかえるようになった件

ipad

2022年久しぶりの更新。
ここ最近はまいまいのことばかりでしたが久しぶりにMacとiPad関連の話。

スポンサーリンク

ユニバーサルコントロールを使う設定

3月15日にmacOS12.3とiPadOS15.4がでました。
このOSにアップデートするとAppleが以前からアナウンスしてて遅れていたユニバーサルコントロールがつかえるようになりました。
ユニバーサルコントロールとはMacのキーボードやマウスをそのままiPad側に持っていって使えるというものです。

iPad側の設定

手順としては・・・設定からのー

一般選んでAirPlayとHandsoffを選びます

Handoffカーソルとキーボード(ベータ版)をONにします

Mac側の設定

システム環境設定を開きます

その中のディスプレイをクリック

ユニバーサルコントロールをクリック

とりあえず全部にチェック入れとく

あとはiPadの位置を決めたらもうマウスをそっちの方にもっていけばiPad側に丸いマウスカーソルがでてきます。

ショートカット

iPadの画面をMacのマウスとキーボードで操作できるのはいいとして、じゃあホームに戻るにはどうするの?ってなると思う。なるはず。
そこでショートカット?っていう言い方があってるかわからないけどMacのキーボードでいろいろできます。
まずはマウスをiPad側に持っていってアプリでもホーム画面のアイコンが無いところとかクリックしてからFnキー+Mを押してほしい。
するとショートカットの一覧が出てくる。
地球儀のアイコンみたいなのが出てるがMacのキーボードではFnキーのことになる。
一番使うのはFn+Hになるでしょう。これでホームに戻れます。
他のアプリに移りたいときはFn+↑
忘れたらFn+Mを押せば大丈夫。

面白い機能だが

個人的にはiPad ProをSidecarで使ってるからユニバーサルコントロールはあんまり使わないかもしれない。
そこそこiPad Proのメモアプリを使うことがあるのでそのときは便利かもしれない。
それでもiPad Proの画面で文字を打つことになれてしまったのでそれもどうかなってところ。
でも、できないよりはできる方がいいと思う。
しかし、ベータの文字が気になるな・・・・まだ完全ではないということよね

しかしSidecar便利ですよほんとに(ΦωΦ)